【キャンプ道具紹介】偶にはこんな焚火なんかどう?富士山みたいな可愛い奴【ネイチャーストーブ】

キャンプギア紹介

ネイチャーストーブって知ってる!?

俗に言う焚火台とネイチャーストーブは違います、ネイチャーストーブは薪や焚き付けで焚き火する焚火台とは違い、そこら辺に落ちている小枝や枯葉など、小さい燃料で焚き火をするサイズの小さい焚火台です。燃焼効率が良く、燃料も小さいものを使用するので結構火力が出ます、その分燃費が悪いので常に燃料を供給する必要がありますが、今回紹介するのは管理人が愛用している超コンパクトになるネイチャーストーブの紹介です。

バーコ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

このウッドストーブの特徴はそのコンパクトさです、収納サイズは180mm×170mm、厚さは5mm重量は120gという破格のサイズと軽さです、上の写真の黒い付属収納ケースにすっぽり入るのですが、5mmの薄さなので収納には全くと言って良いほど困りません、バックはもちろん、少しの隙間さえあればまず入るので取り敢えず持っていくことが出来ます、ナイフと一緒に持っていけば焚き火には困りません。

無心で薪を割って火をじっくり眺める

ネイチャーストーブですけど薪で焚き火しても全然良いんです、確かに燃焼効率が良い関係もあって、多少湿っている小枝などでもガンガン燃やせますが、キャンプ場などで買ってきた薪1束を2〜3等分に鋸で切ってひたすら細くバトニング、通常の焚火台はガンガン燃やすと1日に2〜3薪ほど使用してしまいますが、コンパクトなウッドストーブなら1薪あれば十分焚き火を楽しめます、焚き火の楽しみ方は人それぞれですが、ちょっと変わった焚き火を楽しめますよ!
鉄のトレイを買って鉄製のローテーブルの上での使用もアリです。

結構火力あるんです!

写真を見ると炎が結構上がっているのがわかると思います、ウッドストーブは地面から10mmほど浮いており、底に穴が空いていて、下から空気を取り込んで燃焼効率を上げています、煙突効果になっている様にも見えます。ウッドストーブ自体も比較的頑丈な作りをしていますのでクッカーなどで湯沸かしなども余裕でできます、中にトランギアのアルコールストーブを入れて風貌がわりに使う人も登山家でいる様です。チタンに焼き色が入って富士山の様に見えて可愛いと管理人は気に入っています。

いつもと違った焚き火ライフに!

 

vargo(バーゴ) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ T-415アウトドアギア 焚火ストーブ ストーブ ヒーター ウォーマー おうちキャンプ ベランピング

価格:8,624円
(2021/2/17 00:27時点)
感想(1件)

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Amazon

yuzawa_campのプロフィール

2016年に北海道をバイクで1周した事を切っ掛けにキャンプにどハマり、現在は毎週キャンプに出掛ける日々

TOP